education

就職前に取り入れる

就職前のTOEIC対策の重要性

就職などの場で英語能力をはかることに当たり、以前は英語検定がものさしとして主流でしたが、現在ではグローバル経済の中で国際的に活躍できる人材が必要となり、TOEICのスコアがより重要視されるようになっています。従い就職活動を控えた学生などはTOEIC対策を万全に行った上で、よいスコアを取り英語能力をアピールするようにしています。TOEIC対策には、出題パターンを理解する為にも、リーディング問題は何パターンもの問題を解き、頻出単語や表現を習得する事が重要です。また、日本人の比較的苦手としているヒアリング問題へは少なくとも出題者の喋っている内容が聞き取れるようになるように何度も同じテープを聞くことが重要となります。

自分の苦手分野に合った授業

このような勉強は、独学でも出来ないわけではありません。しかし、特に苦手分野などを克服したい場合にはTOEIC対策を開講している英会話スクールなどに通うことで、自分では成し得なかった苦手の克服ができる可能性があります。英会話スクールにおけるTOEIC対策の授業は、包括的に全体的な知識力などの底上げの授業をやっている場合もありますが、多くの場合はそれぞれの設問に焦点を絞り、徹底した苦手分野の底上げを狙った講座で構成されています。その為、無駄なく自分自身の苦手分野に集中してスクールを利用し、残りの分野克服は独学で、と切り分けることができます。自分自身に合ったスクール選びをする上で、このような講座の構成は重要な要素となります。